友だちと子供 家族

友だちと子供の社会性;家族関係と友だち関係
Top > 友だちと子供の社会性 > 家族関係と友だち関係

友だち 子供 親子関係



● 親子関係は「上下の関係」

 まず親子関係ですが、親は子供を躾、教育する立場にあり、子供は躾けられ教育される立場にあります。また、親子の間には、20歳以上の年齢の差があるのが普通です。いくら人間としては同格であるといったところで、実際には上下の関係です。

 新生児期、乳児期には、子供は自分の力では何も出来ません。親が家庭の中で暖かく保護をして、はじめて健康に成長することができます。
 
 子供にとって家庭はお城のようなもので、その中に入ってしまえば安全が保障されます。時には叱られる事はあっても、親は安心して懐に飛び込める存在なのです。

 子供の側から親子関係を見ると、当たり前、助けてもらったり、教えてもらったりする、依存と保護がその中心といえます。時には、言う事を聞かない、駄々をこねるという反抗もあります。

● 兄弟は「縦の関係」と「横の関係」

 次に兄弟関係ですが、兄弟にも親子関係ほどでないにしろ、年齢の差があります。上の子は下の子を指導したり、保護したりという役割を持っています。そういう意味で、兄弟関係の中には親子関係の上下の関係と似たような「縦の関係」の要素が含まれています。

 けれども、親子関係は大人と子供の関係ですが、兄弟関係は子供同士の関係です。兄弟が仲良く遊んでいるとき、夢中になって喧嘩をしているときは、お互いの年齢の差を忘れています。

 親子関係には見られない、同格の関係、「横の関係」が作られるときもあります。「横の関係」は、これから書く友だち関係の本質です。

 兄弟関係の中には、友だち関係と同じ要素が含まれています。ですから、兄弟関係を知らない一人っ子は、兄弟のある子に比べると、どうしても友だち関係の作り方が下手です。

 兄弟のある子は、幼いうちから家庭の中で友だち関係の作り方の練習をしているともいえるからです。

 友だちと兄弟の大きな違いは、友だちは他人同士の関係ですが、兄弟は同じ家族に所属する仲間同士の関係であるということです。同じ家族に属し、寝食を共にし、一緒に生活している時間が長いのですから、お互いに気心が分かりあい、二人の間の連帯感は強い物になっています。

 家の中では喧嘩ばかりしている兄弟でも、一歩外へ出れば、上の子が下の子をかばっている姿をよく見かけます。

● 友だち関係ー「横の関係」の重要性


 さて友だち関係ですが、友だち関係は、家庭の外に作られる他人同士の人間関係です。二人はまったく同格ですから、上下関係「縦の関係」ではありません。「横の関係」です。
 
子育てママの化粧品

 友だち関係には、親子関係に見られた依存とか保護とか反抗という面はほとんど見られません。協力、強調、競争、闘争、嫉妬という物が中心になります。

 これらは、兄弟関係には見られますが、前に書きましたように、兄弟には年齢差があるし、仲間意識が強く、家庭の中での協力や競争です。友だち関係とまったく同じという訳にはいきません。

 協力、強調、競争などは、大人の社会生活の基本です。ときには嫉妬し、闘争することはあっても、それを上手に処理して、他人と協力し、強調していける人は一人前の社会人です。子供たちにも、ぜひ見につけてもらいたいことです。

 こういうことは、親子関係だけでは身につきません。兄弟関係があっても不十分です。友だち関係の中で始めて学びとっていくことができます。

 同年齢の子供と遊ぶこと、友だち関係を作ることが社会性の発達のうえで基本的に重要なのです。

子育てママの化粧品

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved