友だちと子供 集団

友だちと子供の社会性;子供の集団
Top > 友だちと子供の社会性 > 子供の集団

友だち 子供 ガキ大将



● 「子供の集団」にとりつかれたひろくん

 1年生になったひろくんのお母さんのお話です。「うちの近所には、おなじ年頃のお子さんが多いので、学校から帰ってくるとすぐ飛びだしていって、暗くなるまで戻ってきません。もう少し勉強してくれるといいと思うのですが」

 「先日窓から子供たちの遊びを見ていると、近所の3年生のお子さんがボスになって、小さい子供にいろいろ命令しています。ひろくんもボスにこき使われています。今からこんなでは、大きくなっても人に使われてばかりいるのではないかと心配です」

 最近は、一家族あたりの子供の数が減って、親の目が届きすぎるのか、このような子供だけの集団は少ないようです。都会などでは、子供たちが力いっぱい遊ぶことのできる公園さえありません。

 昔は、とくに男の子は、こういう集団の中で鍛えられて成長したのです。当時の子供の集団には、ガキ大将といわれるボスがいて子供たちを支配していました。

 子供たちの間には順列があり、一つ学年が進んだり、集団のために素晴らしいことをしたりすると、順位が上がりました。集団には、いろいろな規則があり、それを守らなければ、集団から除名され遊んでもらえなくなります。

 現在は、昔ほどかたく団結し、時には大人が目をむくような、いたずらをする子供の集団はなくなりました。絶対的な権力をもっていたボスはいなくなり、みんなの意見を尊重しながら、集団を運営するリーダーになりました。

● 集団の決定と家の決まりのジレンマ

 子供たちは、子供の集団の中でさまざまなことを経験します。いたずらをして、近所のおじいさんに怒鳴られることもあるでしょう。自分の意見が集団の意見と対立することもあるでしょう。集団の決まりが、親から申し渡されていることの反対のこともあるでしょう。
 
 自分の欲求と、集団の決定と、家庭の決まりと、この三つの間の矛盾やもつれが重大な問題です。このもつれを、なんとか自分の力で解決していくことは、たいへんな勉強になります。社会性を発達させる絶好の学習の機会です。

 ひろくんのお母さんの心配は取り越し苦労です。気にする必要はまったくありません。

 子供が小学生になっても、友だちとの付き合いからさまざまの問題を家庭の中に持ち込んできます。家の決まりを守れば友達からは仲間外れにされる、友だちの言うことを聞けば、家の決まりを破ることになるといったものです。

 例えば、友だちと自転車で別の友だちの家まで行く約束をしてきた、けれども家の決まりでは、自転車で団地の敷地の外へ出てはいけない事になっている、という場合です。

 いくつかの解決のしかたがあると思いますが、私ならば、交通事故をより恐れますので、家の決まりを守るように言い聞かせます。このような出来事を一つ一つ考えながら解決することは、子供だけでなく、親自身も成長させます。
 
子育てママの化粧品

 ひろくんの場合は小学生ですが、似たようなことは幼稚園でもよくあることです。子供の集団の中で、子供がいろいろなことを経験し、それを通して成長していくという点では、変わりはありません。
 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved