友だちと子供 喧嘩

友だちと子供の社会性;子供の喧嘩
Top > 友だちと子供の社会性 > 子供の喧嘩

子供の喧嘩 親の干渉



● 喧嘩によって仲良く遊ぶルールを学ぶ

 大人は誰でも喧嘩は悪いこと、してはいけないことと考えています。子供たちに何回となく「仲良く遊びなさい」「喧嘩をしてはいけません」と言っています。

 たしかに、大人の喧嘩は見苦しいし、多くの大人は時々夫婦の間で言い争いをするくらいで、子供たちのような華々しい喧嘩はしないのが普通です。

 なぜ、大人は喧嘩をしなくなったのでしょうか。あなた自身の子供の時を思い出して下さい。友だちとの喧嘩、兄弟喧嘩を数限りなくやってきたはずです。

 幼いうちに喧嘩をたくさんやってきたからこそ、大人になって喧嘩をしなくてすんでいるのではないでしょうか。喧嘩を経験したために、だんだんと社会性が発達し、誰とでも仲良く暮らせるようになったのです。

 子供の心は大人の心と違います。相手の気持ちを考えたり、相手の身になってみることができません。ですから、幼児が二人以上で遊んでいれば必ず喧嘩がおこります。それぞれが、自分の要求を通そうとするからです。

 叩いたり、突き飛ばしたり、ひっかいたり、ののしったり、わめいたり、泣いたり、大騒ぎです。中には噛みついたりする子もいます。

 子供でも、喧嘩をすれば不愉快です。仲良く遊べたほうがはるかに楽しいのです。何回も喧嘩を繰り返すうちに、自分なりに仲良く遊ぶ方法を学びます。

 自分のやりたいように行動したら、必ず喧嘩になり、今度はちょっと我慢してみよう、相手は何をしたがっているのだろう、一つ聞いてみよう、この前叩かれて痛かったから、相手を叩くのをやめておこう、こんな事を考えるようになります。

 こんな事を繰り返しながら、かなり長い時間をかけてだんだんと、人との付き合い方、遊び方が分かってきます。相手が何をしたいと思っているのか、何を考えているのかを判断出来るようになります。

 自分の考えを理解してくれないといってすぐ手を出したり、噛みついたりせず、言葉で自分の気持ちを表す技術を身につけます。つまり、集団の中へ適応していくルールを学習します。

● 危険のない限り親は干渉しない

 このように考えると、子供にとって喧嘩はそれほど悪いことではないようです。現在の親は、神経質なほど喧嘩を嫌いますが、かえって、社会性の発達を抑えているところもあるようです。

 子供の喧嘩には、棒を振り回すとか、ハサミで突っつくとか、けがをするような危険のない限り、親はあまり干渉しないほうがよさそうです。子供同士が、自分たちの力だけで喧嘩が解決できたら、社会性が一段と発達します。

 けれども実際には親として子供の喧嘩を黙って見ているのは難しいでしょう。そんな時は、ただ「喧嘩を止めなさい」としかりつけるだけではいけません。

 他人の気持ちを推測できるように、自分の要求を抑える事の出来るように、手を出さないで言葉で自己の考えがちゃんと主張できるように、その場の状況に応じて、具体的な形で指導しましょう。
 
子育てママの化粧品

 誰もが使いたいおもちゃを、かわりばんこに順番に使うように指導するだけでも、喧嘩はずいぶん減るはずです。
 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved