子育て応援事典 早教育

Top > 才能の開発 > 早教育

才能の開発 早教育

早教育

製薬会社が作ったパーフェクトワントライアルセット 1,080円でぷるるん

 早教育とはなにか

 早教育は、読んで字のとおり、早期にはじめる教育のことです。つまり、いままでの教育意識からすると、早すぎると思われる年齢から、計画的に教育をはじめることをいいます。

 早教育・英才教育・才能教育

● 早教育


 従来の考え方とは逆に、ふつうの子どもでも読み書きはもっと早くから習得できるし、必要でもあるという考え方に立って、新しい教育方法を工夫するのが早教育です。

 このばあい、6歳から始めた読み書きを、そのまま3歳から始めたからといって、早教育とはいえません。3歳時にはそれに適した、読み書き学習の方法を考え出すことが、早教育の条件になるのです。

 教育の内容そのもの、従来は必ずしも、教育の対称になっていなかったような事柄まで含まれてきます。ひと口に言えば、幼児の発達を促進するための教育が、早教育です。

● 英才教育
かわいいわが子の
無限の可能性のカギ
お母さんが持っているのです!!

無料体験だけはやっておくべきですよ


 早教育と違い、英才つまり、ふつうの子どもと比べて、すぐれた素質や能力を持っている子どもだけを集めて、標準よりも程度の高い教育を行なうものです。

 すぐれた子どもは、ふつうの子どもよりも早くから、程度の高い課題をこなす能力を持っています。“はやくから“という点では、早教育と似ているような印象を与えがちです。

 しかし、じっさいには、英才教育は特定の子どもにしか適用できません。また、いままでの教育方法を、そのまま低年齢に引き下ろしただけというおもむきが強く、その意味では、低年齢児向きの方法を問題にする早教育とは、はっきり違うものです。

● 才能教育

 “才能教育”と聞けば、古くは、長野県松本市の鈴木真一氏の率いる一群の、豆バイオリニストの姿を思い浮かべる人もいることでしょう。

 バイオリンにかぎらず、音楽・絵画・バレエなど、子どもの持っているよい素質や才能を最大限に引き出し、それを伸ばしていくことを目的にした教育を「才能教育」とよんでいます。

 早教育が、教育をはじめる時期と方法を問題にしているのに対して、才能教育は、子どもの特定の才能を発見して、それを育てようとする試みであるという違いがあります。

 しかし、才能はなるべく早くから発見することに越したことはないし、はやくからの修練が必要なこともしばしばあるので、その意味で早教育との共通点は多いのです。

● 初期教育


 これは、アメリカの教育界に登場してきた言葉で、下層階級の子どもたちを対象として、就学前に行なう教育のことをいいます。

 アメリカの下層階級の子どもたちは、学校に上がってからの知的発達が、ひじょうに遅れるというケースが多く、それは学校に上がる以前の家庭での教育と、文化的環境が不十分だったからだというのです。

 しかも、この遅れを取り戻すには、修学以後では無理なのです。そこで、修学以前のできるだけはやめに、それまでのおぎないをつけるような教育(補償教育)をすることが、必要だと考えられるようになりました。

 これを初期教育とよんで、そのための特別な教育プログラムを考えて実施しています。

 初期教育も早教育も、理論的な裏付けは同じです。
 早教育
 なぜ早教育?
 早教育の根拠
 早教育を効果的に
どんな時にでもキレイを忘れないお母さんの化粧品
マキアレイベルの新商品キャンペーン
これはオススメ!! ハーフ1,980円〜


最適な育脳が
お子さまの未来を決めます


完全母乳を応援!
【ノンカフェインタンポポ茶】


NHK教育「えいごであそぼ」の
幼児英語教材


家庭教師のノーバス

楽天家電約198万品目で
ランキング第1位!「ケノン」








NHK教育
「えいごであそぼ」
から生まれた
0〜6歳児向け
英語教材!


 
 親の責任は子どもを”大過なく守る”ということではなくそのエネルギーを”最大限に発揮させる“ということであろうと思います。ここでは妊娠中から就学前まで子どもの発育のなりゆきを扱っています。この時期の子育てを終えてだいぶ経ちますが、むかしの子育てが現代の子育てに役立てばと思い、むかしの経験のまま記しています。参考になるものがありましたら応用して実践してみてください。

 



Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved