子育て応援事典 早教育の根拠

Top > 才能の開発 > 早教育の根拠

才能の開発 初期教育

早教育の根拠

製薬会社が作ったパーフェクトワントライアルセット 1,080円でぷるるん

 ちょっとむずかしい話になります。早教育や初期教育の理論的根拠はなにかというと、それは近年の発達心理学の数々の研究成果であるといえます。

● 乳児でさえ、教育効果が認められる

 たとえば、乳児に知的な教育をしたところで、効果が上がるなどとはとても考えられませんでした。ところが、近年の研究によると、新生児でさえ、ただ栄養をとって、老廃物を排泄するだけの生き物ではないことが分かってきました。

 生後10日目くらいでも、刺激を与えると、かなりはっきりと注目するようになります。それが2〜3カ月目になると、人間の顔を描いた図形と、ただ白黒に塗り分けただけの図形とを見せたばあい、人間の顔の図形を好むようになります。

 これは、人間が発達のごく初期から、周囲の刺激を受けると、それに反応する能力のあることを証明しています。

● 刺激しないと発達が遅れる

 ぎゃくに、刺激の少ない環境に置かれた場合、乳幼児の発達は円満にいかないことが予測されます。
かわいいわが子の
無限の可能性のカギ
お母さんが持っているのです!!

無料体験だけはやっておくべきですよ


 たとえば乳児園のような施設に育ち、人との触れ合いのとぼしい子は、人間の顔を描いた図形に注目するのは、ふつうの家庭で育った子より、4〜6週間も遅れると言われています。

 このような遅れが積み重なれば、心の発達がさまたげられることになるでしょう。

● 乳幼児の遅れはあとで取り返しにくい
 
 施設で育った子どもの発達の遅れは「ホスピタリズム」─施設病─とよばれ、ひどいばあいは、じっさいの年齢水準の半分くらいしか発達をとげることができません。しかも、この遅れはあとになってからの教育や訓練では、取り返しがむずかしいと言われます。

● 物心つく前の環境が大切

 このように、従来の意識とは反対に、物心がついてからよりも、つく以前の環境条件が、いかにのちのちの精神発達にとって決定的な影響力を持っているか、早教育はこの考え方にもとづいているともいえます。

● なにが早教育に適しているか


 こう考えてくると、そうとう広範囲のものが早教育の対象として取り上げられそうですが、実は今のところ、なにが早教育に適し、なにが適していないかを系統立てて説明できるまでには、まだ至っていないのです。ただ経験的に、早教育が効果的であると考えられているものがいくつかあります。
 早教育
 なぜ早教育?
 早教育の根拠
 早教育を効果的に
どんな時にでもキレイを忘れないお母さんの化粧品
マキアレイベルの新商品キャンペーン
これはオススメ!! ハーフ1,980円〜


最適な育脳が
お子さまの未来を決めます


完全母乳を応援!
【ノンカフェインタンポポ茶】


NHK教育「えいごであそぼ」の
幼児英語教材


家庭教師のノーバス

楽天家電約198万品目で
ランキング第1位!「ケノン」








 
 親の責任は子どもを”大過なく守る”ということではなくそのエネルギーを”最大限に発揮させる“ということであろうと思います。ここでは妊娠中から就学前まで子どもの発育のなりゆきを扱っています。この時期の子育てを終えてだいぶ経ちますが、むかしの子育てが現代の子育てに役立てばと思い、むかしの経験のまま記しています。参考になるものがありましたら応用して実践してみてください。
 



Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved