子育て応援事典 幼稚園教育

Top > 幼稚園と保育所 > 幼稚園教育の方法

家庭での教育 幼稚園・保育所

幼稚園教育の方法

製薬会社が作ったパーフェクトワントライアルセット 1,080円でぷるるん

● まず“体験”させること


 幼稚園教育では、前のページのような内容を身につけさせるために、具体的な経験を大切にします。幼児がからだを動かすことによって、自分の肌で体得していくことが身につくことであり、それが認識の基礎になっていくととらえています。

 幼稚園教育では、試行錯誤を大切にします。それは、幼児が自ら体得することを気長に待つことなのです。幼児がいろいろとやっているなかで、気がつくことを育てようとしています。

 教師は偶然できたことでも意味づけをしたり、位置づけをしたりすることによって、幼児の満足感や充実感を満たすようにし、それが次の行動のきっかけになるようにします。

 こうした指導は、幼児の意欲を育てることを狙っています。もちろんやり方を教示し、または好むと好まざるとにかかわらず、必要なことはしなければならないというような場面もあります。
NHK教育「えいごであそぼ」から新登場
旺文社えいごであそぼプラネット
「学ぶ」ではなく「英語であそぶ」
楽しくて飽きないから英語が身につく!



 とくに安全に対する習慣や態度は有無を言わせず、幼児に繰り返し繰り返し身につけさせるものでしょう。

 また集団生活における決まりなどについても知らせ、守らせることが必要です。

 ですから、幼稚園教育では、きわめて多様な経験を与え、人間として必要なちょうど骨格のようなものを教育内容とし、それを先にあげた6領域として押さえているわけです。
 
● 人や物に対する態度を教える


 幼児期にどうしても身につけたい基本的なものは、人に対する態度と、ものに対する態度でしょう。そのためには自己を確立し、諸感覚を開発し、あらゆるものに対する意欲と愛情を育て、エネルギーの正しいはけ口を体得させることだと思います。

 自他の生命を尊重するとともに、人間としての人格の形成を目指すことでありましょう。

幼稚園と保育所

 幼稚園はなにをする
 幼稚園教育の目的
 幼稚園教育の内容
 幼稚園教育の方法
 幼稚園教育と家庭教育
 家庭教育の機能
 保育所はなにをするところ
 保育所の生活
 保育所でおこりやすい問題点
 入学の準備
 つけたい習慣
 親の心がまえ
 早生まれの子
 入学前の健康診断
 入学に必要な用品

どんな時にでもキレイを忘れないお母さんの化粧品
マキアレイベルの新商品キャンペーン
これはオススメ!! ハーフ1,980円〜

最適な育脳が
お子さまの未来を決めます


完全母乳を応援!
【ノンカフェインタンポポ茶】


NHK教育「えいごであそぼ」の
幼児英語教材


家庭教師のノーバス

楽天家電約198万品目で
ランキング第1位!「ケノン」







 
 親の責任は子どもを”大過なく守る”ということではなくそのエネルギーを”最大限に発揮させる“ということであろうと思います。ここでは妊娠中から就学前まで子どもの発育のなりゆきを扱っています。この時期の子育てを終えてだいぶ経ちますが、むかしの子育てが現代の子育てに役立てばと思い、むかしの経験のまま記しています。参考になるものがありましたら応用して実践してみてください。

 



Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved