幼児の躾 排尿

幼児の躾;排尿
Top > 幼児の躾 > 幼児の排尿のしつけ

子供 排尿 躾



 しつけの目標

 9〜10ヶ月頃から躾を始めて、お誕生頃でも上手くいかないのがふつう。排尿の習慣づけは、1日の回数が多く、そのうえ尿意は便意より教えにくいので、なかなか難しい。

 “おしっこ”を、その都度教えるようになるのは2歳頃で、それまでは、たびたび失敗を繰り返す。

 2〜3歳になれば、知らせる度にパンツを脱がせて、一人で便所に行くように指導する。排尿が完全に一人で出来るのは、3〜4歳である。
 
 上手なしつけ方

 暑い季節では2時間おき、寒いときは1時間おきくらいに便器をあてがい根気よく繰り返す。授乳・離乳食のあと1時間前後は、出る確率が多い。

 朝、目覚めたときと、寝る前は必ずさせるように。出ないときには、がっかりして見せるのも良いが、決して叱らない。時間は5分以内に切り上げ、途中で嫌がったら、すぐやめる。成功すれば褒めてやるとよい。

 おむつを早めに取ると、漏らした時の不快感から、尿意を早く訴えるるようになる。

 夜尿ぐせを治すには

 3歳までは、昼間は教えても夜中に目覚めて教えることは出来ない。夜間に、1〜2回起こしてやらないとおねしょ癖がつく。

 3歳過ぎ頃から、就寝中も一人で目を覚まし、尿意を知らせる。3歳過ぎても、度々おねしょをする時は、一度医師に診てもらうとよい。

 しつけに適した便器

 排便、排尿の躾を成功させるには、赤ちゃんの使いよい便器を選ぶことが大切。便器は、赤ちゃんが気持ちよく腰掛けられるものを選ぶ。

 市販されている便器には、小判型と丸型があるが、小判型のものは日本式便器の形を真似ただけで、腰をかけるの適した形とはいえない。

 腰かける便器は、洋式便器のように丸型のほうがよい。腰かけておしりが痛い便器は、排便排尿を嫌がる原因にもなる。

 便器にもいろいろのおもちゃがついているものがあるが、遊びながらの排便、排尿は決してよい習慣づけにはならないので、好ましくない。

 
子育てママの化粧品

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved