幼児の躾 洗面

幼児の躾;洗面
Top > 幼児の躾 > 洗面

子供 洗面 躾



 幼児期に衛生の躾をすることは、その後の生活にも大きな影響があり、きわめて大切である。学齢期から始めたのでは遅すぎる。躾のおもなものは、洗面、うがい、歯磨き、つめ切り、入浴などである。

 洗面のしつけ方

 洗面は、2歳頃からはじめて、3〜4歳頃には一人で出来るようにする。

 まず親が手本を見せる
 
 始めは、父親か母親が洗面のさい、その動作を見せるようにする事が大切。幼児は一般に水いたずらが好きなので、たいてい自分でやりたがる。

 中にはすぐに興味を示さず、やる気を起こすまでに1週間もかかる子供もいる。その間はしぼりタオルでふいてやり、顔を洗うとさっぱりするという気持ちを持たせるのがよい。

 母親は側で手助けを

 自分でやると言い出したら、快くさせてみる。始めのうちは側にいて、タオルを取る、そでをまくる、身体を支えるなど、子供が洗面しやすい程度の援助をしてやる。

 しくじっても叱らない

 最初は上手くいかず、衣類を濡らしたり、そこらじゅう水だらけにする事が多いが、決して叱ったり、やめさせて、拭いてやるようにしてはならない。

 動作がぎこちなくても、自分でやらせる。石けんの使用はまだ無理。

 拭き終わるまで目をつむらせる

 洗面の後、拭かないうちに目を開けて水が入り、泣きだす例が多い。あらかじめよく教えておく。

 冬はぬるま湯で

 冬の朝など、あまり冷たい水の使用は、洗面を嫌がらせる原因となり躾が困難になる。こんな時は、ぬるま湯を用意してやりたい。

 褒めながら指導を

 3歳になれば、たいてい一人で洗面できるようになる。それまでは褒めながら指導するのが効果的である。

 うがいのしつけ方

 うがいは、3歳頃から始め、5歳を過ぎて一人前に出来るようになるのがふつう。

 真似から始める
 
子育てママの化粧品

 母親が先にやってみて、それを真似させることから始める。うがいは、幼児にはなかなか難しい動作で、始めのうちは水を飲んでしまうが、それでも構わない。

 家族みんなが励行する

 外から帰ったら、必ずうがいをする習慣をつける。その場合、一家全部の者が励行するのでないと、子供は自分一人が特別にする理由が分からないから、すぐやめてしまう。
 
 うがい水は、塩水やホウ酸水ではなく、ふつうの飲料水でよい。
 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved