幼児の躾 着衣

幼児の躾;着衣
Top > 幼児の躾 > 着衣

子供 着衣 躾



 着衣のしつけは幼児期のうちに

 上着、下着から、帽子、靴まで身につける物の着脱は、すべて幼児期のうちに一人で出来るように、習慣づけたい。幼児は、成長発達の段階に応じて、ソックスを引っ張って脱いだり、上着のボタンをかけたりすることに興味をしめす。

 その興味の芽生えを導きだし、育ててあげることによって、自分で着ることから順々に、着衣の習慣を身につけさせていくのが、理想的な着衣の躾といえる。
 
 早過ぎても遅過ぎてもいけない

 躾は、発達段階より早過ぎては無理になるし、遅過ぎると子供にやる気がなくなる。ちょうど良い時期を選ぶことが大切である。

 その時期を選ぶ基準として下の「いくつになったら何ができるか」の表により、幼児期の着衣に関するおおよその年齢標準を知っておきたい。

 いくつになったら何ができるか
1〜2歳 帽子、ソックスなどを引っ張って脱ぐようになる。
親が脱ぐように仕向けると、喜んで脱ぐ。
2〜3歳 着物を一人で脱ごうとする傾向が強くなり、前あきのコートなどは脱げるようになる。
2歳半過ぎると、一人で着ようとし始める。周りの者が手を出すと嫌がるが、まだきちんとは出来ない。
ソックスは2歳過ぎると一人ではける。
靴をはくことは、2歳半になると出来る。しかし短靴でかぎやボタンで止める物に限られる。
3〜4歳 ボタンの掛け外しに興味を持ち、前のボタンをかけることが出来るようになる。後ろ、肩、わき、袖口のボタンは幼児には無理。
3歳半になると、身につけるもの全部を自分で着ようとする。
帽子をかぶることは、2歳を過ぎると自分で始めるが、上手にかぶるのは3歳半過ぎ。
4〜5歳 そでをきちんと、とおすことができるようになる。
パンツは、4歳になると一人ではける。
ストッキング、タイツは4歳半になると完全にはける。
5〜6歳 一人で全部脱げるようになる。
ひもを結ぶことは、前でかた結びなら5歳で出来るが、花結びは幼児には出来ない。
6歳になると袖口のボタンも一人でかけられるようになる。
遅くても6歳までに、すべての衣類を一人で着られるようになる。

子育てママの化粧品

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved