早期発見、早期治療。病気には個人差があり、治療法も人によって異なります。

インスリンの働き

 インスリンの働き  

自分でできる。自宅でできる。在宅健康チェック! KENSA.BIZの郵送検査キット

 膵臓の機能  

 胃の背中側に横に走る細長い臓器である膵臓は、膵液という消化液と、インスリンとを分泌している。

  •  インスリンをつくる細胞は、膵臓の中で小さな集団をつくり、島のように散在していて、ランゲルハンス島と呼ばれている。
  •  ランゲルハンス島の細胞は、血液からアミノ酸の供給を受け、タンパク質性のホルモンであるインスリンを生産して血液へ分泌し、体内のあらゆる組織へ供給する。
  •  とくに、筋肉細胞や脂肪の細胞では、インスリンは血糖を細胞の中へ入れるスピードを速めている。
  •  もし、膵臓がなにかの原因で機能を失ったり、膵臓を切除したりすると、たちまちインスリン不足の症状、すなわちひどい糖尿病の症状があらわれてくる。

 インスリンの生産と消費の高まり  

 インスリンはたえず生産され、絶えず消費されているが、どんな栄養素でも血液中に入ると、その生産や消費が高まる。

  •  したがって、過食はランゲルハンス島にとって重荷になり、積み重なると糖尿病への道になる。
  •  糖尿病では、糖分以外なら何を食べてもよいという俗説は、重大な誤りである。
     
     

 糖尿病  

powered by Quick Homepage Maker 3.61
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional