早期発見、早期治療。病気には個人差があり、治療法も人によって異なります。

ジューリング疱疹状皮膚炎

 ジューリング疱疹状皮膚炎  

自分でできる。自宅でできる。在宅健康チェック! KENSA.BIZの郵送検査キット

 どんな病気か  

  •   /匸鐇天疱瘡に類似する疾患であるが、かゆみをともなう。
  •  ◆‥戟怐譴両豺腓鷲夙蘰發某縺廚できるが、本症の場合には表皮の下に水疱ができる。
  •   病気の進行は慢性に経過する。

 症状  

  •   ‐形の水疱および紅斑が環状にあらわれ、かゆみが強い。
  •  粘膜部分に水疱の発生することはない。
  •  ◆/緞△遼譴賄戟怐譴任呂Δ垢、本症では厚い。

 治療  

  •  副腎皮質ホルモン剤の投与によって全治する。
  •  天疱瘡に比べると予後は良好である。
  •  沃度に富む食品(ノリ・昆布・わかめなど)の摂取を禁ずる。
     

 水疱性類天疱瘡  

 どんな病気か  

  •   ー腓箸靴届型佑紡燭みられるところから、ジューリング疱疹状皮膚炎が老人に発生した場合と考えられる。
  •  ◆仝彊はよく分かっていない。

 症状  

  •   /匸鐇天疱瘡に類似した症状をしめす。すなわち、比較的大きい水疱が多数あらわれ、かゆい。
  •  ◆”袖い寮質はむしろ疱疹状皮膚炎に近い。

 治療  

  •  副腎皮質ホルモン剤の投与によって全治する。
  •  老人に多いので余病の併発に留意し、栄養を高める。
  •  細菌の感染に注意する。
  •  予後は良好である。
     

 薬疹・紅皮症・天疱瘡  

powered by Quick Homepage Maker 3.61
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional