早期発見、早期治療。病気には個人差があり、治療法も人によって異なります。

固定薬疹

 固定薬疹  

自分でできる。自宅でできる。在宅健康チェック! KENSA.BIZの郵送検査キット

 症状  

  •   .▲鵐船團螢鷏呂猟団鵬鯒剤を内服あるいは注射して間もなく、ほぼ円形の赤い皮疹があらわれ、かゆい。
  •  口唇部、陰部、肛門の周りなどに発生しやすい。
  •  ◆〔瑤瞭睇あるいは注射を中断すれば間もなく、わずかに淡い色素沈着を残してなおる。
  •   数日あるいは年余を経過後、ふたたび同じ薬を内服あるいは注射すると数時間以内に前回と同じ部位に発疹し、赤くはれてかゆみをともなう。
  •  この発赤も2〜3日でなおるが、色は前回より濃厚となり紫色をおびる。
  •  ぁ〃り返し薬剤を用いると水疱があらわれ、さらに連用すれば円形の発疹は拡大して水疱も大きくなる。
  •  薬の内服を休止すれば、発赤が消えて紫黒色の色素沈着を残す。水泡のあとは白い色素脱失がみられ、なかなか消えない。

 紅皮症様薬疹  

 全身が発赤し、かゆみと発熱のある状態は紅皮症性薬疹と考えられる。

 粘膜・皮膚・眼症候群様薬疹  

 発熱・悪寒などの全身症状をともなって、結膜炎・口唇炎・口内炎などの症状がみられ、同じような変化(発赤・腫脹・びらん面など)が外陰部にもあらわれる。

 中毒性表皮水疱症様薬疹  

 ほとんど全身に発赤があり、発熱がある。広範囲の表皮がはがれて赤はだの状態になる。小範囲のものは、ちょうど水疱膜がはがれた形をとる。

 原因  

  •   ^幣紊了阿弔蓮¬疹のなかでも特に重篤な症状をしめす型である。原因となる薬剤は一定しない。
  •  ◆,い辰僂鵑法▲▲鵐船團螢鷏呂量剤が原因となる場合が多い。
     

 薬疹・紅皮症・天疱瘡  

powered by Quick Homepage Maker 3.61
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional