早期発見、早期治療。病気には個人差があり、治療法も人によって異なります。

光線性白斑黒皮症

 光線性白斑黒皮症  

自分でできる。自宅でできる。在宅健康チェック! KENSA.BIZの郵送検査キット

 どんな病気か  

  •   ‘光光線にあたりやすい部分(顔面・手・足・前腕など)の皮膚に、色素斑と色素脱失斑とが入り混じってあらわれる。
  •  ◆“乕罎某Я任鬚弔韻觝挧Α淵瓮薀離汽ぅ函砲、日光光線や人工光線によって障害されて、色素形性が不完全となる結果に起こると考えられている。
  •  薬剤の中には、日光光線の作用を強め、色素形性に異常をきたすもの(たとえば降圧剤)もある。

 症状  

  •   ,い辰僂鵑鉾乕羆蠅前駆症状として先行する。続いて色素沈着と脱失斑があらわれてくる。
  •  前駆症状がなく、しだいに白斑があらわれてくる場合もある。
  •  ◆〃敕戮里ゆみをともなう。
  •   しろなまずと異なり、ぶちになって、白と黒とが入り乱れる。

 治療  

  •  日光照射を受けないようにすることが第一である。
  •  いっぱんに副腎皮質ホルモン軟膏が用いられている。
  •  高血圧のさいに投与される降圧剤の一部のものに色素形性の異常をきたすものがあるから、薬剤投与中は、とくに日光照射を避けなければならない。
  •  外用療法として軟膏を塗布する。
  •  全治には、半年〜1年の経過が必要である。
     

 薬疹・紅皮症・天疱瘡  

powered by Quick Homepage Maker 3.61
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional