早期発見、早期治療。病気には個人差があり、治療法も人によって異なります。

天疱瘡

 天疱瘡  

自分でできる。自宅でできる。在宅健康チェック! KENSA.BIZの郵送検査キット

 どんな病気か  

  •   /縺廚△襪い詫邏を主症状とした原因不明の皮膚疾患である。予後が非常に悪い。
  •  ◆/匸鐇天疱瘡・増殖性天疱瘡・落葉城天疱瘡・紅斑性天疱瘡の4型があるが、いずれもまれな疾患である。
  •   原因は全く不明である。
  •  ぁ/緞△主である尋常性天疱瘡は、小児のとびひに類似しているが伝染の危険はない。
  •  ァ‥正な治療により軽快するものが多いが、再発する傾向が強い。

 症状症状  

 尋常性天疱瘡  

 水泡が全身にあらわれ、びらん面をつくる。かゆみはない。

  •  皮膚の一部に限局するものは予後も良好であるが、粘膜をおかす粘膜天疱瘡は予後が不良である。

 増殖性天疱瘡  

 腋窩・肘窩・陰股部・眼・鼻孔・口囲などに水疱があらわれ、破れてびらんし、増殖、隆起し、膿苔をつくり、悪臭を放つ。

 落葉状天疱瘡  

 小形の小水疱に続いて、前進に葉状の鱗屑がはがれる。

 紅斑性天疱瘡  

 落葉状天疱瘡と同じとみてよい。

 治療  

  •  副腎皮質ホルモン剤の投与によって病勢をおさえることができる。しかし、完全に治癒させることは困難で、いったんは全治状態になるが、再燃することがある。
  •  副腎皮質ホルモンが開発されて死亡率は低下したが、副腎皮質ホルモンの副作用の障害によって生命を失う場合もある。
  •  外用療法は症状に応じて軟膏を塗布する。
  •  栄養に注意し、高いカロリー食を取らせる。
  •  肝腎機能に注意し、細菌感染を防ぐ。
     

 薬疹・紅皮症・天疱瘡  

powered by Quick Homepage Maker 3.61
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional