早期発見、早期治療。病気には個人差があり、治療法も人によって異なります。

糖尿病と遺伝

 糖尿病と遺伝  

自分でできる。自宅でできる。在宅健康チェック! KENSA.BIZの郵送検査キット

 糖尿病は遺伝する  

 糖尿病が遺伝と関係のあることは古くから想像されていたが、近年その関係はますます明らかになった。

 前糖尿病状態  

 糖尿病の遺伝因子をもっているが、まだ発病しない時期を前糖尿病状態という。しかし今のところ、前糖尿病状態であることを的確に証明する方法がない。

 劣性遺伝の形をとる  

 糖尿病にかかりやすいという劣性遺伝子(d)が両親からきて対(dd)になると糖尿病になる、という考え方が一般的である。

  •  この考え方からすれば、DD(正常)、Dd(正常に見えるが、遺伝子をもっている)、dd(潜在性糖尿病)の3種の組み合わせができる。

 遺伝子と発病率  

 一卵性双生児(一つの卵細胞が、受精後に二つに分かれて生まれた双生児、遺伝子がまったく同一)について調べた結果では、一方が糖尿病で、他方が糖尿病であるのはおよそ半数ということである。

 この事実は、遺伝子をもっていても、発病するかどうかは後天的な環境によって左右されることをしめしている。

  •  この調査結果の数字は、長い経過を見れば、さらに増えることは確実であろう。

 後天的条件と発病  

 発病をうながす後天的条件としては、肥満が最も重要で、ついで感染症、精神的ストレス、老化などがあげられる。

  •  糖尿病が遺伝している可能性のある人は、終生絶対に太り過ぎてはいけない。

 糖尿病の遺伝  

 父、母とも糖尿病…(dd)×(dd)→子どもはすべて糖尿病

 父、母の一方が糖尿病で

  •  他方が正常……(dd)×(DD)→(Dd)
  •  他方が劣性遺伝子をもつ……(dd)×(Dd)→(Dd),(dd)

 父、母とも糖尿病ではない

  •  とも正常…(DD)×(DD)→(DD)
  •  一方が正常だが、他方は劣性遺伝子をもつ…(DD)×(Dd)→(DD),(Dd)
  •  ともに劣性遺伝子をもつ…(Dd)×(Dd)→(DD),2(Dd),(dd)

(dd)=潜在性の糖尿病
(Dd)=見かけは正常であるが、遺伝的には遺伝因子をもっている。
(DD)=見かけも、遺伝的にも正常。
 
 

 糖尿病  

powered by Quick Homepage Maker 3.61
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional