早期発見、早期治療。病気には個人差があり、治療法も人によって異なります。

糖尿病の運動療法と日常

 糖尿病の運動療法と日常  

自分でできる。自宅でできる。在宅健康チェック! KENSA.BIZの郵送検査キット

 運動療法  

 運動の効果  

 運動は体内の新陳代謝をうながすことのほかにも、各種の効果があり、軽度の糖尿病では積極的に運動を行うことがすすめられる。

 規則正しい運動  

 運動は、毎日規則正しく行うことが原則であり、変則的に過度の運動を行うことは好ましくない。運動の程度は、専門医の指示によること。

 血管系合併症と運動  

 高血圧、冠動脈硬化症などの血管系合併症のある場合は、過激な運動をさけ、血圧や心臓の状態を考えたうえで運動量が決定される。

 日常生活の心構え  

 治療の状態が良好な場合には、次の一般的な注意事項を守って、ふつうの人とほぼ同様の日常生活を送ってもよい。

  •  規則正しい生活をする。とくに睡眠は、じゅうぶんにとる。
  •  仕事の合間に、適当に休息をとる。
  •  指示された食事療法をまもる。過食や過飲をつつしむ。
  •  精神的なストレスは、すみやかに除去する。
  •  適当な運動を行う。

 これらの注意事項は、患者の性、年齢、合併症の有無によっても違う。きわめて平凡な事項ばかりであるが、糖尿病の人にとってこれほど大切なことはない。これによって、忍耐強く、自己を克服していくこと。
 

 糖尿病  

powered by Quick Homepage Maker 3.61
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional