早期発見、早期治療。病気には個人差があり、治療法も人によって異なります。

糖尿病の合併症

 糖尿病の合併症  

自分でできる。自宅でできる。在宅健康チェック! KENSA.BIZの郵送検査キット

 糖尿病は根治しにくい  

 糖尿病はなおりにくい。とくに悪い状態が一生続くわけではないが、かぜがすっかり治るというような根治を期待するのが、そもそも無理である。

 合併症が出やすい  

 糖尿病の経過のうちに各種の合併症が起こり、それが死をまねく例が多い。しかし、生活管理が適切であれば、合併症の発生を予防することもでき、合併症が出てもその進行をおさえることもできる。

 糖尿病性昏睡  

 最も恐るべき合併症であるが、インスリンの発見によって激減した。

 血管合併症  

 比較的大きな動脈に起こる動脈硬化と、細い血管に起こる細小血管症、これに基づいて、網膜症・心臓病・高血圧症・腎障害のほか神経障害・皮膚病・感染症などがあらわれる。

 網膜症  

 糖尿病が長く続くと、目に網膜症がおこる。これは、網膜の細い血管に小さな動脈瘤ができたり、出血が起きたりするもので、視力がいちじるしく低下する。

  •  網膜症を防ぐには、糖尿病の治療をするほか、細小血管の病変を悪化させる高血圧などの合併症の治療を行うことも重要である。
  •  糖尿病が長く続くと、目に白内障の起こることも多い。

 心臓病および高血圧  

 糖尿病によって、冠動脈の硬化がうながされる。冠動脈が硬化すると、狭心症や心筋梗塞などの心臓病を起こしやすい。また日本人にはもともと高血圧が多いが、糖尿病になると、なおいっそう高血圧を起こしやすいといわれる。動脈硬化に高血圧が合併すると、脳卒中を起こしやすくなる。

 腎臓の病気  

 糖尿病の人には、20%の割合でタンパク尿が証明される。これは、糖尿病では腎臓に異常が発生することが多いのをしめしている。糖尿病で腎臓に病変を起こしてきたものを糖尿病性腎障害と呼ぶ。

 糖尿病性腎障害の中には、腎盂炎、腎硬化症およびネフローゼ症候群などがある。

 神経の障害  

 糖尿病の人のうち、30%以上の人が、神経痛、手足の先がピリピリする感じ、感覚に鈍り、足裏のほてりなどをうったえる。このような神経の障害の起きたものを糖尿病性神経症とか神経障害とか呼ぶ。

 その他  

 肺結核・皮膚病なども合併しやすい。皮膚病としては、湿疹・またずれ・掻痒症・せつなどがある。
 

 糖尿病  

powered by Quick Homepage Maker 3.61
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional