早期発見、早期治療。病気には個人差があり、治療法も人によって異なります。

糖尿病の食事療法

 糖尿病の食事療法  

自分でできる。自宅でできる。在宅健康チェック! KENSA.BIZの郵送検査キット

 カロリーの制限  

 過食をさけて、標準体重を維持できる程度に、食事全体のカロリーを抑えることが最も重要である。1日に摂取すべきカロリーは医師の指示に待つが、基準となるのは標準体重であって、現在の体重ではない。

  •  標準体重 (身長足叩100)×0.9 これのプラスマイナス10%を標準体重とする。
  •  カロリーの目安は、標準体重1舛砲弔、およそ30福

 バランスを保つ  

 糖尿病の食事療法における大きな誤解は、ある食品は良いがある食品は悪いという考え方である。良いとされているものでも量が過ぎると悪い結果をもたらし、悪いとされているものでも量さえ適当なら、なんの害もない。

 要は、量を制限し、偏食にならないようバランスのとれた食事を、一生続けることである。

  •  ウイスキーは良いが、酒やビールは悪いといわれる。しかし、ビール1本、日本酒1合、ウイスキー80弔蓮△修譴召貶独1杯と同じカロリーをもっている。摂取カロリーが過多にならないよう、適量に好きなアルコール類を飲んでよい。
  •  ピーナッツは糖尿病によいから、ポケットに入れておき、空腹を覚えたら食べてよいといわれている。しかし、ピーナッツはカロリーが高く、糖尿病にはむしろ警戒すべき食品である。

 「食品交換表」の利用  

 日本糖尿病学会では、各種食品のカロリー算出に用いる「糖尿病治療のための食品交換表」を市販している。
 

 糖尿病  

powered by Quick Homepage Maker 3.61
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional