早期発見、早期治療。病気には個人差があり、治療法も人によって異なります。

脳神経の病気

 脳神経の病気  

自分でできる。自宅でできる。在宅健康チェック! KENSA.BIZの郵送検査キット

 脳と脊髄の機能と病気の特徴  

 中枢神経系  

 脳と脊髄は中枢神経系と呼ばれる。脳は人の精神的、神経的な働きを統御しており、脊髄は脳と末梢神経をつなぐ伝導路の役割を果たしている。このため、脳と脊髄のわずかな障害でも、きわめて重い症状をきたすことが多い。

 脳には「機能の局在」がある  

 脳は、それぞれの分野によって機能が異なる。これを「機能の局在」があるという。

  •  前頭葉は主として精神機能、とくに知的な判断と意志の働きに関係する。
  •  前頭葉後部、つまり中心溝前方には運動をつかさどる運動領野がある。
  •  中心溝の後方、つまり頭頂葉には感覚領野があり、後頭葉の視覚、側頭葉の聴覚の存在とともに、それぞれの特殊知覚領域を構成する。
  •  これらの領野の間に、感覚知覚のより高次な働きをいとなむ連合領野がある。この部位が損なわれると、個々の感覚知覚はそこなわれないが、それらを合成、総合する働きが失われ、失認、失行症などになる。
  •  側頭葉の重要な働きは記憶の保存で、たとえば、てんかん患者の側頭葉手術で、その皮膚の一部を電気刺激すると、むかしの記憶、体験の一部がよみがえるという事実の報告もある。
  •  このような「機能の局在」は大脳だけでなく、脳幹、小脳にも存在する。
  •  小脳は主として運動の調節をする。
  •  脳幹の中央部は前記の脳の個々の働きのレベルをあげ、また意識に関係する働きをしている。

 脊髄の働き  

 脊髄は主として脳より下行する運動機能、自律神経機能、さらに脳へ上行するあらゆる感覚を伝導する働きをしており、細い脊髄管のなかを神経線維が集中して走っている。このため、わずか数世良汰磴任發靴个靴仆鼎ぞ評を呈する。

 どの部位に病変があるかで症状が違う  

 以上のように、脳には「機能の局在」があるので、そのどの部分に病変が存在するかによって、患者の呈する症状も異なってくる。

 病変の性質によって経過も違う  

 それぞれの部位に起こる病変の性質によって、病気の経過が異なる。

  •  たとえば、脳腫瘍は亜急性に、または緩慢に進行性の経過をしめす。
  •  脳出血や脳軟化のような血管性の疾患は突然起こることが多い。
  •  神経細胞や線維が徐々に変性脱落していく変性疾患は、きわめて緩慢に進行性の経過をしめす。

 疾患の性質、過程のおもなもの  

 感染、炎症によるもの(日本脳炎その他の脳炎・髄膜炎・狂犬病・梅毒など)、血管性病変によるもの(脳出血・脳軟化・脳動脈瘤など)、脳腫瘍、変性疾患(パーキンソン氏病・舞踏病・小脳変性症・脳性小児麻痺など)、脳外傷、内分泌、代謝異常、中毒による脳疾患(膠原病や一酸化炭素中毒・水銀中毒など)、先天性異常(精神薄弱や脳の奇形など)などがあげられる。また、脊髄の病変も、炎症をはじめ、脳と同じように多くのものが存在する。

  •  脳と性髄が関連して同時におかされる疾患も数多い。
     
     

 脳神経の病気  

powered by Quick Homepage Maker 3.61
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional