早期発見、早期治療。病気には個人差があり、治療法も人によって異なります。

目の病気

 目の病気  

 

 目の構造と働き  

  •   々渋
     目は眼球と、それを動かす眼筋、保護する眼瞼、まつ毛、眼瞼泉、結膜、涙腺、鼻涙腺などの付属器官からできている。目の構造をカメラにたとえれば、シャッターは眼瞼、レンズは水晶体、暗箱は眼球壁、フィルムが網膜にあたり、現像場所は脳である。
  •  ◆‘き
     目の働きでもっとも大切なものは物の存在や形を見分けること(視力)である。そのために目は、遠近の調整、感光、色の識別、遠近感や立体感など視覚器としていろいろな働きをいとなんでいる。
     

 目の病気  

 まぶたの病気  

 眼球の病気  

 屈折異常  

 目の外傷  

powered by Quick Homepage Maker 3.61
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional