早期発見、早期治療。病気には個人差があり、治療法も人によって異なります。

薬疹・紅皮症・天疱瘡

 薬疹・紅皮症・天疱瘡  

 薬疹  

 どんな病気か  

  •   〔剤の内服とか注射によってあらわれる発疹を薬疹という。
  •  内服・注射のほか、吸入・坐薬などで起こることもある。
  •  外用薬(軟膏など)の塗布などで起こる「かぶれ」は薬疹とは言わない。
  •  ◆〔疹の原因となる薬剤は、ピリン系のものがいちばん多い。ほかに抗生物質・睡眠剤・降圧剤などもしばしば原因となる。

 薬疹はどうして起こるか  

  •   〔瑤瞭悩醉僂砲茲
     いっぱんに、必要以上の薬剤を服用した場合、薬の毒作用による中毒として薬疹が出る。
  •  薬を大量に飲んだときあらわれるとは限らず、少量でも発疹する。
  •  ◆アレルギー作用による
     薬疹の多くはアレルギー作用によって発疹する。体質の違いで発疹する人としない人とがある。
  •  また、薬の化学構造式と薬疹の発生とは深い関係があり、わずかな構造式の相違で薬疹を起こさないことがある。

 症状  

  •   ^貭蠅僚蠍はない
     湿疹型・じんましん型・紅斑型・紫斑型・水疱型などさまざまである。かゆみも強弱があって一定しない。
  •  特徴のないさまざまな発疹の形が薬疹の特徴であるともいえる。
  •  ◆〜歓半評もさまざま
     軽症例では、わずかにかゆみを感じる皮膚の程度で経過するが、重症例では、発熱をともない、急性伝染病のような症状をしめす場合もある。
  •  もっとも重いものはショックで、ペニシリンショックで一命を失うなどはその好例である。
     

 薬疹・紅皮症・天疱瘡  

powered by Quick Homepage Maker 3.61
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional