子育て応援事典 小学1年生

Top > 教育 > 小学1年生の数意識・記憶・注意力・思考力

数意識 記憶 注意力 思考力

小学1年生の数意識・記憶・注意力・思考力



スポンサードリンク



 100までの計算ができる(数意識)

@
 1年生初期の数観念は、具体的な数観念であることが特徴である。

A 入学当初の子どもは、20以上の数を言える子どもが大部分であるが、実際に実物にあたって数えさせると数を唱える力と、計算の能力が、必ずしも一致していない。

B
 計算では、実物についてやるのであれば、10以下の数の加法・減法の簡単なものはできる。

C このように、具体物と数とを結びつけながら、1年生のうちに、100までの計算力を身につけていく。

 5数の反唱ができる(記憶)

@
 1年生では、5数の反唱ができる。たとえば、3・7・9・6・8というように、一けたの数字をいくつか並べて、約1秒間隔で読んで記憶させ、答えさせる記憶力テストでは、5歳で4数、7歳で5数、11歳で6数できるのがふつうである。

A また、「きのうは日曜日でした。次郎君は、友だちと公園へ遊びに行きました」というような、二つの短文を反唱できるようになる。

 注意力の持続性が短い(注意力)

@
 1年生の初期では、自分から努力して、注意を集中する力が乏しい。

A 教室で、自分の席にじっと座っているよう指示して、入学当初の子どもの動きを観察した専門家の実験では次のような状態をしめした。
スポンサードリンク



 早い子どもは、20秒で他に気をうばわれる。
 5分間以上、じっとしていられる子どもは、65人中3人。
 7分間のうちに、他に注意をうばわれた回数は、一人平均が4.6回。

B これは、幼児と同じような水準にあるといえる。自分の興味のあること以外には、注意の持続時間が短い。

C
 しかし、努力して注意する有意注意力は、1年生のあいだに、しだいに発達する。

 自己中心的な考え方が強い(思考)

@
 1年生は、まだ、幼児と同じようなものの考え方が、多分に残っている。具体物を前にしないと理解ができなかったり、実際に行動して確かめないと、理解できない場合が多い。

A だいたい7歳ころまでは自己中心的な時期といわれているが、1年生の大部分は、自己中心性の末期にいると考えてよい。

B たとえば、6歳までは、心理学でいうアニミズムの第一段階(すべてのものに心を認める時期)にあるが、7歳ころになると、第二段階(すべての動くものに心を認める時期)に入る。1年生は、この第二の段階にうつりはじめつつあるといえよう。

C また、7歳になると、空想と現実を区別する力がつきはじめるといわれている。したがって、1年生は、自己中心性を脱却しはじめようとしている時期ともいえるのである。

 推理力はまだ弱い(思考力)

@
 定義作用の発達は、1年生では、幼児的な用途による定義付けが、まだ、圧倒的に多い。用途による定義というのは、たとえば、鉛筆はどんなものかという問いにたいして、「書くもの」というように、その用途によって定義づけることである。

A また、推理作用は、具体的な材料によって行動的にやることならできるが、ことばを用いる推理では、ごく簡単な推理ができるようになりはじめた段階である。

 小学1年生
  数意識・記憶・注意力・思考力
  情緒・興味・社会性


 




Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved